弟が作るかに玉は絶品でした

かにって卵と良く合っていて相性抜群ですよね。

卵のふわっとしたした食感に蟹のが入っていて、蟹の味がぷ~んとしてくるところがたまらなく大好きなんです。

そのかに玉の話なんですが、弟のところへ遊びに行った時に食べたんですけど、弟が作ってくれたかに玉がとんでもなく美味しかったんです。

私の弟は、和食専門の板前さんをやっているんですが、この前、久しぶりに弟の家に連休中に顔出しに行ってきたんです。

弟の趣味は私と一緒でパチンコなんで、顔出しに行ったら弟は必ずといっていいほど、パチンコに誘ってくるんです。

その日も弟に誘われてパチンコに行く事になったんですが、弟は結婚したばかりで奥さんがいるんですね。

ですから、弟と一緒に休みの日にパチンコに行くと奥さんがいい顔しないんです。

ですから、奥さんも一緒に誘ってみる事にしたんです。

たまに弟は奥さんと一緒にパチンコに行っているみたいだったので、一緒に行くのもいいかと思って声かけました。

すると、奥さんは行きたかったんでしょうね。

行きたいって言って一緒に3人でパチンコに行ってきたんです。

初めて3人で行ったのですが、私はスロットを打ち、弟夫婦はパチンコを仲良く並んで打っていました。

そしてお昼の時間頃にお腹が空いたので、ちょっと休憩とって近くの中華料理のお店に行ったんです。

ここはランチセットが安そうで美味しいかどうかはわかりませんが、安いって書いてあったのでその言葉に釣られて入ってしまいました。

そして注文したものは、かに玉セットです。

それも3人とも同じかに玉のセットでした。

暫くたって出てきたかに玉の味がレトルトかな?ってくらいにまずかったんでびっくり!

セットなんで、それにラーメンが付いてきてるんですが、このラーメンは結構あっさりしていて美味しかったんですけど、許せないかに玉の味だったんです。

それを食べた弟は、一口食べて止めていたくらい、怒っていたんですよ。

そして、食事が終わってパチンコ店に戻り、夕方まで打って帰ってきました。

弟夫婦は7万近く勝ったんですが、私は1万負けてしまったんです。

帰りに弟と、スーパーに寄り夕食の買い物をしたんです。

お昼のかに玉が納得いかない味だったので、かに玉を食べさせてあげるって言って、かに玉の材料を買って家に戻ったのです。

そして、弟が作ったかに玉を食べてみたんです。

私は何度もかに玉を食べた事がありますが、何とも言えない初めて食べる美味しいかに玉だったんです。

その時はこいつはこれで食っていけるなって思ってましたね。

見てみて!かにのしゃぶしゃぶ

先日、北海道から愛知の私の家まで親戚が遊びに出てきました。

久々の再開で、7年ぶり位も会ってなかったのですが、私が最後に親戚の方に会ったのは13歳の時で、13年前までは住んでいたのですが、北海道といっても親戚の家からかなり離れていて、中々会う事もありませんでしたが、それでも1年に一回はお正月には顔を出したりしていたんです。

それで、父の仕事の転勤で愛知県に引っ越してきたんです。

ですから、約7年間も親戚に会っていなくて13歳の時から見てませんから、親戚のおじさん、おばさんから見たら私なんて誰?って感じだったんでしょうね。

私でさえそうでした。

だって、私が7年前におばさんに会った時に、おばさんのお腹には赤ちゃんが出来ていたんです。

ですから、目の前にいる小学1年生の子なんて誰って感じでしたからね。

産まれたところ見てないし、小学生がいるけど、この子誰?ってずっと考えてました。

顔だって見た事ありませんでしたからね。

産まれたって聞いた事は聞いたけど忘れてました。

なんか急に出てきちゃったみたいな感じで、なんかタイムマシーンで未来に来ちゃった感じでしたよ。

その子は小学校1年生の女の子で、とっても大人しくてかわいい子でした。

その子も私にこのお姉さん誰って言って聞いてましたからね。

なんせ初対面ですからしょうがないです。

玄関先でそんな話で盛り上がって、暫くたってから家に上がりました。

玄関先で30分ほども話し込んじゃってたんですから。

そして、中に入ってすぐにおじさんがお土産を差し出してくれたんですが、それが大きな発泡スチロールに入っていたんですよ。

早速、開けてみてと言うので開けてみたら、中には大きなズワイ蟹が3バイも入っていたんです。

私は久しぶりのかににニンマリしちゃって、お母さんにあんた何その顔って言われちゃいました。

でも、そんなお母さんだって同じ様な顔していたんですよ。

我が家では、ひょっとしてこんなに新鮮な蟹って7年ぶり?いや!もっとかも知れない位、お目にかかっていませんでした。

それで、親戚のおじさんが、これをしゃぶしゃぶにすると美味しいから、今夜はこれでしゃぶしゃぶにして飲もうって言うので、しゃぶしゃぶにする事に決めました。

実はお母さん、すき焼きの食材買ってきていたんですよ。

でも、せっかく蟹を持ってきてくれたんですし、おじさんが言っちゃったら何も言えません。

夜になって大宴会が始まりました。

蟹のしゃぶしゃぶの始まりです!

ねぇ!みんな見てみてって感じになるくらい、みんなに見せたかったですよ。

おいしかったぁ!

蟹って種類によって味が違うのに

先月、市場に行ってきたんですけど、活きのいい魚がたくさんいて、それをたくさん食べさせて貰っちゃってとっても楽しかったんですよ。

えびも、うにも、マグロや蟹のズワイ蟹やタラバ蟹、まだまだ毛蟹だって食べちゃいました。

それが全部試食できちゃったんですから驚きです。

蟹を食べてる時は幸せでしたよ。

でも、蟹を食べている時に思ったのですが、蟹って種類が違うとそれぞれ味が違いますよね。

でも、全部が蟹という味?なんですもんね。

でも、一般に言う蟹の味っていったいどの蟹を言うんでしょうか?

やっぱり一般的に一番食べられてるズワイ蟹なんでしょうかね。

まぁ、それを考えたら魚だってそうなっちゃいますけど。

蟹を食べたって言っても、どの蟹?って聞くくらいじゃないと味が違うんでわかりませんよね。

私は蟹というかには全部大好きで、お店の方におねえちゃんこれ食べてごらんって言われた時はタダで?って聞いちゃいそうでしたから。

マグロが出てきた時なんかしょうゆまでつけてくれたのには驚きました。

物凄くお腹いっぱいになれて楽しいなら毎回行っちゃいそうですもん。

これは絶対にやみつきになっちゃいそうです。

それに今度行く時は御飯持って行ってやろうかってくらいに御飯欲しかったですからね。

御飯っていえば、焼き肉屋さんのお店の前で御飯を持って行って食べたいって思った事ってありませんか?

きっといると思うんですけど。

私は焼き肉屋さんの前を通ったらいつも思っちゃうんですよね。

いい匂いしますから・・

それ位自分でお金出して食べに行けばって思いますよね。

でもね、私は仕事で転勤してきたばかりで友人っていう友人が誰もいないんです。

彼氏もいないですしね。

ですから、いつも一人なので、ちょっとそういうところに入りづらいっていうか、一人で焼き肉っていうのもなんかね。

凄く抵抗ありますよね。

ラーメンですら入りづらいんですから。

牛丼屋さんは最近行ける様になりましたけど、昔は男の人ばっかりでしたが、最近は女性も多くなってきて結構気軽に入りやすくなりました。

市場に行くにも本当は抵抗ありましたけど、活きのいい秋刀魚が食べたくて買いに行ったんですよ。

行く前なんかちょっと抵抗あって結構勇気出しちゃったりしてね。

でも、中に入って試食してたら秋刀魚を買わずに違う魚ばっかり買っちゃいましたけど・・

市場ってとっても安くてそれでいて新鮮だし、なんと言っても試食がいっぱいだったので最高でした。

それにおじさん、おばさん達の威勢がいいし、元気いっぱいもらって帰ってきました。

 

回転すし屋さんで子供がかにばっかり

先日、回転すしに家族みんなで出掛けてきました。

寿司がレールに載って回っているのが面白くて、うちの3歳の息子がずっとボーッと見ていたんです。

私たち家族は、3歳の息子と5歳の娘、それに夫と私の4人家族なんです。

上のお姉ちゃんはハンバーグのお寿司や、ハムなどの子供が食べれそうなお寿司ばっかり食べていたんですが、下の子はずっと寿司が回っているところを見ているだけでした。

食べようねって言っても、うんって言う事は言うんですが食べようとしません。

お父さんがどうしたの?って聞いてみたら、新幹線がたまに走ってくるのが気になって仕方がないようなんです。

それならって思い、インターホン越しに寿司を注文したんです。

すると、暫くして新幹線が私達が座っている席に走ってきて寿司を運んできてくれたのです。

それを見た下の子はびっくりしてました。

まさか、自分の所に新幹線が止まってくれるなんて思ってなかったんでしょう。

そして、新幹線にのっかっている寿司を取ってまた走って戻って行きました。

下の子は大喜び!

寿司はかにのお寿司で当然サビ抜きです。

子供は新幹線が運んだものはちゃんと食べたんです。

子供は美味しいって言って食べて、すぐにまた、インターホンを押して新幹線を呼んだんです。

多分、インターホンのボタンを押したら持って来ると勘違いしているらしいんですが・・・

ボタンを押してしまっているので、取りあえずかにってまた言ってしまったんです。

新幹線がまた、やってきました。

子供はなんか急いで食べなきゃだめって言うような食べ方をしています。

すぐにかにのお寿司を食べちゃって、またすぐにボタンを押したんです。

それも今度は自分でかにって言って頼んでいたんですよ。

それが出来るようなっちゃってからが大変でした。

お腹がいっぱいになるまでやり続けるんでしょうか?

かにのお寿司だけを何度も頼んで新幹線を呼んでいたんです。

お店の方も一皿ずつ頼むので大変だろうねって夫と笑ってました。

そして上の子は、最初だけそれ見て喜んでいましたが、あとは、食べる事に夢中でそれどころでないって感じで無視して黙々と食べていたのです。

私達もそうなんですけどね。

それをやらせていたせいで静かにお寿司が食べれたので逆に助かっちゃいましたけど。

結局、下の子はかにの寿司ばっかり8皿も食べたんですよ。

でも、上のお姉ちゃんは12皿食べて今度は締めにデザートを食べようとしてました。

お姉ちゃんがインターホンでケーキを頼んだんです。

すると、新幹線にのっかってケーキが・・

下の子は、それを見て大泣きしたんですから。

他のも食べたかったんですね。

カニの酢の物ってさっぱりしていて美味しいね

先日、お隣さんの方からカニの酢の物を頂いたんですが、それが凄くさっぱりしていてカニの身もとっても引き締まっていて美味しかったんですよ。

うちでは酢の物は作ったことないんですが、家族全員が酢のものが大好きで結構スーパーで買ってきて食べるんです。

でも、かにの酢の物って初めて食べたので最高でした。

かにの身がごろっと入っていたのには凄く感動しちゃったんですよ。

うちのお父さんなんかカニばっかり食べてましたから、みんな怒って取り上げちゃいましたからね。

お母さんも相当酢の物が気に入ったようで、早速次の日にお隣に行って作り方を聞いてましたから。

朝早くに食材買ってお隣にお勉強に行ってくるって出て行きました。

この酢の物は普通の酢の物とちょっと違っている感じがするのですが、隠し味になんか入れているんでしょうか疑問でした。

お母さんが珍しく料理のお勉強。

朝にお邪魔して、おしゃべりも兼ねて料理のお勉強なんて何年ぶりに見る光景でしょうか。

それこそ10年くらい前にお弁当を作るために料理教似通ったことあるんですけど、一週間くらいで止めましたからね。

あの時は私達もまだ小さかったんですけど、お母さんが料理教室に行ってるんだよって、なんか格好良くて友達に自慢したりしていたんですから。

お母さんは料理が凄く下手だったんで、友達が泊まりに来ても弁当買ってきてましたから。

それに普段の食事も未だにいつも出来たお惣菜とかばっかりなんですよ。

特に揚げ物が多いんですけどね。

でも、どういう訳でしょうね。

かにの酢の物が、相当気に入ったんでしょうか?

お父さんもカニがまた食べれるならって喜んで行かせましたけど、どうせ喋ってばかりで覚えてくる筈がないって言うんです。

それに、せっかく食材買ったんだったら絶対に作ってはくるだろうって言ってました。

そして夕方になって、お隣からお母さんが帰ってきました。

どんぶりにはいっぱいのカニの酢の物を持ってきたのです。

でも、それお母さんが作ったの?って聞いたら、違うよってあっさり言うんです。

ええっ?!じゃぁお母さんは作らなかったの?って聞いたら横で見ていたんですって。

お隣さんは北海道に旅行に行ってきたらしくその話が楽しくて、作るより話でこんなに時間が掛かったそうなんです。

それで、結局お隣さんにまた、かにの酢の物を作って貰って帰ってきたんですから。

やっぱり勉強じゃなかったんだ。

でも、また、お隣さんの作ったかにの酢の物が食べれるんだからいいですけどね。

その方がずっと安心かも。

かにのフライってあるんですね

先日、友人に誘われて蟹を食べに行って来たのですが、その時にでた蟹のフライがとっても美味しくかったんですよ。

私は海老なら結構食べているんですけど、名古屋出身なもんで・・

蟹のフライって初めて食べてきましたよ。

蟹のフライの爪の部分のフライは見た様な記憶あるんですけどね。

なんかスーパーでも見た事あるような気がする。

いずれにせよ私はフライなんて初めて食べたんですから。

中々家族で蟹のコースを食べに行くって出来ませんよね。

3000円位からコースあるんですけど、子供がいたら質より量って事になっちゃってこういうところは中々来れません。

うちの子なんてこんなところに連れて来たら一口で食べ終わっちゃって文句たらたら言っている筈ですから。

ですから、子供抜きで主婦同士でこういうところに来て息抜きするんです。

あくまで、子供に内緒ですけど、本当たまになんですが色々食べ歩いているんですよ。

夫にはちゃんと承諾得てますから、堂々と来れちゃうからいいですね。

毎月お小遣い貰っている訳じゃないし、月に数回の楽しみなんで、夫なんて元気になれるならって喜んで行かせてくれるんですよ。

しかも、今日は友人の奢りですから、どうぞどうぞって感じで家を出てきました。

急に話が飛びますけど、それでこの蟹のフライの味がいい香りなんですから。

フライの衣の部分もとってもサクサクして、中の蟹の身がふんわりして美味しいって簡単に一言じゃぁ言い表せない位でしたよ。

蟹の天ぷらも出てきて食べたんですけど、これはこれでまたフライと違って美味でした。

それにしても蟹は色んな食べ方あるんですね。

家で是非今度挑戦してみたいって思います。

私の得意料理は結構自慢なんですが、天ぷらなんでフライはどうかわかりませんけどね。

でも、こんなに美味しい職人さんの味には絶対に出来ませんけどね。

当たり前ですけど。

夫にも子供にも是非食べさせてあげたいし、結構簡単なフライですから。

なんて言ってると本当に職人さんに怒られちゃいますけど。

上手くやったら少しぐらいはらしくは出来るかもしれないですしね。

今度、絶対にみんなに美味しいフライ作ってあげようっと!

それで、とっても美味しい蟹をいっぱい食べて、次は焼き蟹を頼んでますから。

今回は友人が蟹食べに行こうって煩いので付いてきましたが、なんてたって今日は友人の奢りですから。

助けて、やめてもう食べないでって彼女が言うまでいっぱい食べちゃいますよ。

かにと卵のスープが大好きで

二年位前に私が勤める会社の中国人研修生の女性三人が、よく私の家に遊びに来ていたのですが、その時はよくみんなでご飯食べたりしていたんです。

私は独りで暮らしていましたから、食事っていってもいつもコンビ二の弁当だったのです。

それを彼女達に話したら、今度三人でご飯作ってあげるって言って、休みの日には三人で来てくれて、食材を持ってきてくれたり、私が買ったりして、作った料理をみんなで楽しく食べたりしていたのです。

でも、本当の彼女達の目的って料理を作る事だけじゃないんですけど、パソコンが私のところに3台あったので、それを使いたいっていうのが一番の目的なのですが、私もそれはわかっていましたが、それはそれで楽しいし、料理も中華が食べれるんですから全然私はOKでした。

よく周りの人は、お金が無いから来てたかってるんじゃないのとか言われたりしましたが、そんな事なんて、全くありませんでした。

確かに食事とか少しは食材にお金が掛かったりしますが、三人とも自分の食材とか家から持ってきてくれたりして、私の為に作ってくれてましたから、とっても有難いって思ったくらいでしたよ。

それに、パソコン使っているからといって彼女達は掃除してくれたりもしてくれたりして、凄くいい子達だったんですよ。

それにとってもまじめだし、一生懸命やるところがすごいなぁって思いました。

そんな彼女達の料理で印象に残っているのは、手作りの水餃子と蟹と卵のスープです。

蟹のスープは、たまたま彼女達の中の一人が誕生日だったので、蟹を食べさせたくて買った時につくってもらったんですが、調味料とかが違うので、味も日本の物とは違い、とっても美味しいスープでした。

今でもあのスープと餃子の味は忘れられない位に美味しかったのです。

彼女達は、親元を離れて誰も知らないところで三年間を毎月一万円で生活していました。

とにかく立派なものでした。

今では数年前と違って給料も違うらしいのですが、数年前は最初の一年間ってとっても苦しい生活を送っていたんです。

月に数万円しかない僅かな給料で、一万円は生活費にして、残りはすべて仕送りです。

日本に来る時に、親戚などから数百万ものお金を借りて来ているんですから、その借金返済のために送るんです。

私がいつも会社でコーヒー飲んだり、弁当買ったりしている姿って彼女達にはどのように見えたんでしょうかね?

彼女達とこのような形で知り合うようになってから、私も彼女達を見習ってコーヒーを水筒に入れて持っていくようなり、弁当だっておにぎりを毎朝作って持って行くようになったんです。

今でも勿論そうしてます。

彼女達は去年の春に中国へ帰ってしまいましたが、彼女達にとってもすばらしい事を学んだ気がするのです。

かにがいっぱいのちらし寿司

先日、子供の誕生日に私の母がちらし寿司を作ってくれました。

毎年子供の誕生日にちらし寿司を作ってくれるのですが、今年は7歳の誕生日で、しかも小学校に入学した記念なので、蟹がいっぱい入ったちらし寿司を作ってくれたのです。

私の子供は女の子で、生まれた月は4月。

ですから、お母さんが桜の花びらを集めてきてくれて、ちらし寿司に桜が一面に散りばめられていたんですよ。

とっても彩が良くて、とっても豪華なちらし寿司で、なんか食べてしまうのが凄く勿体無い感じがして、記念にデジカメで写真を撮っておいた位でした。

子供は、綺麗な蟹のちらし寿司を見て、とっても大喜びしていました。

早く食べたいなぁなんて言いながら、夫が帰ってくるのをとっても楽しみに待っていたんです。

ちらし寿司は結構な量を作ってくれたのですが、うちの家族は5人家族なので、ちょっとたりないかも知れないと思って、私はから揚げと蟹の茹で汁で味噌汁を作ったのです。

子供はから揚げが大好きなので、ちょっと手間は掛かりましたが、特別な日なので私も頑張っちゃいました。

今日は特別に蟹のちらし寿司とから揚げと味噌汁と凄く豪華な夕食です。

いつもはこんな豪華な食事なんか出てきません。

節約してますからね。

私のお母さんって結構煩く言うんですよ。

でも、そのお蔭もあって、家もローンですが買うことが出来たんですからね。

お母さんが煩くなかったら私なら絶対無理だし、今頃はアパート借りて住んでいたんじゃないかなって思います。

私のお父さんは私に似ているんでしょうね。

暫くして、夫が19時頃に仕事から帰ってきました。

夫は桜入りの蟹のちらし寿司にびっくり!

蟹がのっているのにはさすがに驚いていました。

桜がとっても綺麗に飾ってあって、蟹の色とちらし寿司の色がとっても綺麗。

記念に写真撮っておこうかって私とまったく同じ事言ってました。

それで早速、夫は普段着に着替えて、いつもならお風呂に入ってから食べるのですが、先に食べたいって言うので食べる準備をしました。

みんなが夫を待っていた事がわかったからそうしたんでしょう。

子供が大はしゃぎしながらちらし寿司を食べていました。

美味しい!美味しい!って何度も言いながら・・

とってもちらし寿司に蟹って合うんですね。

さっぱりしていて、それに桜の香りがほんのりとしてとっても美味しかったんですよ。

でも、そういう時って、いつも人気あるから揚げがあんまり人気なかったんですよね。

でも、みんなで楽しく食べているところを写真いっぱい撮りましたよ。

お母さん、ありがとう。

 

北海道で食べたかにラーメン

去年の夏休みに家族で北海道の釧路に遊びに行った時の話ですが、釧路の町で歩いていたら、かにラーメンっていう看板が目に入ってきたので家族みんなで入ってみようって事になって中に入り食べてみる事にしたのです。

私が思うには、大体かにとかって書いてあったり、そういう食材が入っているラーメンってあまり美味しいって思った事って今まで無かったので、今回のお店も正直期待していなかったのです。

ですが、ラーメン好きな私はスープがすごく気なっちゃって、是非とも一度食べてみたくて家族を誘って入ったのです。

私の趣味は色んなところのラーメンを周りったりして、その感想や写真などを自分のブログに載せてコメントを書いたりするのが趣味なんですが、あくまで趣味なんでお金を掛けれる事も出来ないんで小遣い内でやっているのです。

最近ちょっと気になっているのは、日本の麺じゃなくて、韓国や中国の辛い麺なんですが、これがとっても美味しくて最近凝っているって言うか気に入ったお店があるんですよ。

話が変なところに飛んでしまいましたが、こんな趣味を持つ私は結構味に煩いほうで、家族にも煩がられ、特に妻には相当思われているんです。

それで、私はいつもの様にブログ用に載せる写真の撮影をしようとデジカメをスタンバイしてラーメンを待っていました。

このかにラーメン結構高くて2500円!

かにがごろっと入っているのかって思う位の値段ですから、すごく期待して今か今かとワクワクしながら待ってました。

しばらく待って、かにラーメンが登場しました。

よく見ると、なんと!かにの足が3本だけでのりが3枚、メンマにねぎともやし、しかも多きなチャーシューが2枚入っていました。

かにラーメンにチャーシュー?

でも、私を抜かして家族全員が、かにもチャーシューも入っているので大喜びしていているのですが、私は物凄く期待はずれしちゃってがっかりしてました。

でも、まぁスープを飲んでみない事にはなんとも言えませんから、スープにお金が掛かっているんだろうなぁって期待して飲んでみたら、かにの味が殆どしません。

魚介スープなのですが、かにの味が微かにするかしないかって位の味のスープなんです。

それも結構魚の匂いがきつくて、私はあまりというか、美味しく感じませんでした。

でも、私以外の妻と子供達は美味しいっていって喜んで食べていました。

それを見て私は、自分は素直にかにが入っていて凄いって喜べるような人でなくなっている事に恥ずかしさを感じたのです。

自分は専門家でも何でもないのに、本当に恥ずかしい事していたって反省したのです。

でも、ブログは止めてはいませんが、コメントを述べるのは止めました。

 

 

1 2 3