私の夫は料理を作るのが趣味なんです。

それもちょっと変わっていて、自分で考えて変わったものを作るんですね。

ですから、美味しいものが出来たり、凄くまずいものが出来たりするので、おかしなものを作るんじゃなくて、まともな普通に食べれるものを作ってほしいっていつも思っているんですけど、この変な夫の趣味は止められそうにないんです。

でも、本当適当に作って偶然とんでもなく美味しいものが出来ちゃう時もあるんですから。

たまに食品の商品開発の仕事に向いてるんじゃないかって思う時があるんですけどね。

でも、趣味だからきっと出来るんでしょう。

私が凄く驚いた食べ物は、野菜の人参とかの皮を細かく切って、小麦粉と水、バターを混ぜてその中に野菜を入れて練って油で焼いたものなんですけど、お菓子なんですけど美味しかったですよ。

ずっと横で見ていたから憶えているんですけど、夫はもう作れません。

野菜は何でも良いんじゃないでしょうか?

でも、セロリの葉っぱを入れた方がいい香りがして美味しいと思いますよ。

これは私が見て憶えて今でも作ったりしてます。

そういえばこの前、蟹の缶詰が100円で売っていたのでたくさん買ってきたんですよ。

それを夫が使っちゃって、なんか凄く訳のわからない事やって偶然出来上がったのが、めちゃめちゃ美味しいかにピラフだったんですから。

これははっきり言ってどうなる事か心配で、捨てるようになるんじゃないかって心配していたんですよ。

でも、出来上がってみたらこれですからね。

お店で食べる以上に美味しかったんですからびっくりでしたよ。

でもね、夫は適当に作っているんで一度作ったものは二度と作れないんですから。

だから、もう幻のピラフになっちゃったんですよ。

せっかく美味しかったのに!

適当にやらなかったら天才なのかも知れないですけど。

やっぱり夫は食品開発の仕事あっているのかも知れませんが、一回作って作り方忘れるようじゃやっぱり当然無理ですよね。

本当、夫っていつもおかしい事やるんですよ。

カレーライス作ってもカレーにイチゴ混ぜたりしたりして食べてみたりする人なんですから。

外に行って食べてる時だって変な事するんですよ。

普通に知らない人が見たら絶対に変ですよね。

まぁ、でも、あの蟹のピラフは天才的な味でしたし、忘れられない幻の味になっちゃいましけど本当に美味しかった。

どうかもう一度奇跡が起きますようにって願っているんですけど、夫にはまず不可能でしょう。