私のお父さんは、夜中に突然起きてきて冷蔵庫を開けてジッと見ながら残り物を摘まむ癖があるんです。

お父さんは寝ぼけてるんですけどね。

私が起きている時は気持ち悪いのでさっさと寝かせますが、私が寝ちゃっている時はこれまた大変で、冷蔵庫の方でガサガサ音がして気持ち悪くて起きてしまいます。

2階でもあれば別なんでしょうけど、うちは小さな平屋なんで大変なんですよ。

いつもお酒ばっかり飲んでいて夕食をきちんと食べずに寝てしまうからなのかも知れません。

多分、お腹がすいて起きちゃうんでしょうね。

でも、これを殆ど毎日なので本当に大迷惑ですよ。

しかも、夜中に起きたと思ったら、なんか作っている時があってガサガサ、ガチャガチャ煩くて寝られないんですから。

そんな事やられるなら、まだ冷蔵庫見てくれている方が全然マシなんですけど、あまりにも煩いんで私も腹が立って怒るんですよ。

普通は起こしちゃってごめんとかいうでしょうけど、お父さんは違うんですから。

「お前もお腹すいて起きてきたのか?でも、これ一人分しか作ってないからこれでいいなら少し食べるか?」

って、毎度、毎度同じこと言うんですよ。

それにもっとすごいなぁって思うのはお母さんなんですけど、こんなに煩くしても物凄いいびきをかいて寝てるんですから。

夜中にこんな事やってること自体、全くわかってないんですからね。

お父さんだって、朝になったら夜中の事を殆ど覚えてないんですから何とも平和な二人ですよ。

でも、夜中にたまにお父さんが寝ぼけて作る食べ物って結構美味しいんですから。

普段、料理なんて全然作る事は出来ないって言って作る事ってしないんですけど、本当は隠しているだけなんです。

この前、冷蔵庫に残っていた蟹の甲羅の部分を使って、蟹味噌のうどんを作って食べていたんですけど、これが結構簡単に作っていた割りに美味しかったんですから。

関西風って感じで、だしで食べている感じなんですけど、蟹味噌と昆布だしがとっても美味しかったんですよ。

寝ぼけて作っていたんですけど、それが返って良かったのかも知れませんね。

私もその時は凄くおいしそうだったんで、お父さんを怒らないで食べちゃいましたけどね。

次の日、お母さんに昨日お父さんが作ってくれたうどんの話をしたんですが、お父さんがそんなに美味しい料理作れる事に驚いていましたよ。

こんな毎日でも、たまにはいい事あるんですよね。

でも、出来れば美味しいもの作った時だけ起こしてほしいものです。