カニの調理法というと、真っ先に思いつくのは、カニ鍋ですが、カニというのは、結構、色々は調理法が出来る食材なのです。

私も、大量にカニをいただくことがあり、調理に困ってしまうこともあるのですが、こんな時は、「カニチャーハン」をオススメします。

作り方は、いたって簡単で、普通にチャーハンを作る要領で作っていき、そこにカニを入れて、一緒に炒めるだけで出来るのです。

カニはとても不思議で、炒めても、ゆがいても、焼いても、身がパサパサになってしまうことが少ないものです。

なので、多彩な料理に使うことが出来るのです。

このことに気付いてから、私は、蟹の料理に負住することはなくなりました。

私が、良くするのは、カニチャーハンもそうですが、インスタントラーメンに、カニの身を入れてしまう方法です。

こうすれば、何となく味気ないインスタントラーメンが、カニ入りの豪華なインスタントラーメンになります。

また、サラダを作るのもよいです。

このサラダは、結構、評判ですよ。

カニという食材は、結構、色々なジャンルでも使用されているもので、色んなものに合ってしまう、万能食材でもあります。

和食、洋食、中華、エスニック、これらの代表的な料理を見ると、カニが使われているものが非常に多く、ビックリします。

私の家でも、年末になると、色々な人が、カニを送ってくれるのですが、ご近所に配ったりしてもまだまだ、あまってしまいます。

こんな時、腐らせてしまうその前に、色々な料理を作って、家族や友人、恋人などをびっくりさせてしまいましょう。

カニは滅多と食べないことのない食材ですので、同じようなものが合ったとしても、少し味付けを変えるだけで、カニの雰囲気は変わってしまいますよ。

私も、よく利用していますが、インターネットで検索してみると、色々な創作レシピが出てきますので、そのようなサイトで、勉強してみることもオススメですよ。

ただし、カニは足が早い、つまり、腐りやすいので、注意が必要です。

なるべく、早く、調理手段を決め、調理したほうがいいようです。

私も、初めは、よくダメにしてしまい、悔しい思いをしたことがあります。

初めは、私も、カニの調理法なんて知りませんでしたから、仕方のないことだったのかも知れませんが、このことが教訓となり、カニ料理を覚えました。

何はともあれ、とりあえず何かを作っていかないといけないので、創作でも何でもやってみたほうがいいです。

意外と、美味しい料理が出来てしまうこともあります。「経験者は語る」です。